『児童発達支援土日祝対応開始!』

いつもご利用ありがとうございます。

さて、このたびは『あくら~きっずすまいる土浦』にて兼ねてから希望が多かった

児童発達支援の土日祝日営業を2016年11月1日~開始致します。
児童発達支援、土日祝営業開始
土浦児童発達支援のオープン

詳細は以下の通りです。

休業日:10月の第一土曜日(土浦花火競技大会実施日)

     年末年始5日間(2016年12月30日~2017年1月3日)

第一部: 9:00~12:00 児童受入 9:00~ 引渡~12:00

第二部:13:00~16:00 児童受入13:00~ 引渡~16:00

※第一部、第二部両方続けてのご利用も可能です。お弁当をご持参ください!!

 

児童発達支援に関しましては継続した療育の実施で効果を生むものと考えます。

最低週1回の通所をお願いしています。

早期療育のメリットは大きく分けて2つあります。

ひとつめは、発達障害をもつお子さんや発達が気になるお子さんは、

物事の理解や習得に多くの時間と手間がかかる場合が多いです。

早期に療育を開始することは、その時間と労力を確保する事に繫がります。

ふたつめは、お子さんの成長期に合わせて行う事が、より効果的だという点です。

発達障害は脳の機能障害と言われています、したがって脳に良い刺激をあたえ脳を活性化することでお子さんの成長を促進し、問題となる行動や特性の軽減が期待できます。

脳は幼少期にもっとも成長します、したがって療育を開始するのは早い方が良いとされています。もちろん年齢に応じた支援プランや手法はありますので、早期でなければ手遅れという事はありません。しかし早期療育を行う事で、困りごと、数値上の知能、特性などにかなりの改善がみられたという例は、実に多く報告されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です